5月 18

うつ病はもはや国民病、改善するためには原因を知る事が大事です

もはや国民病とも呼ばれる程、うつ病を抱える日本人男女が増えてきました。

うつ病に苦しむ人々は先進国に集中する傾向がありますが、特に昨今では日本人の男女の数が急激に増加しており、顕著なのが若年層の急増です。

一昔前までうつ病と言えば、いわゆる更年期障害の一種だと考えられており、年配の男女が主になる病気だと見られていました。

ところが最近では小学生から大学生、そして40代以下の若手社会人の人々の多くがうつ病に苦しめられています。

メンタルケアに関する書籍も多数出版されており、市民の関心の高さが窺えます。

また一昔前の症状は一過性のものが多く、一定期間きちんと療養を続ければ比較的容易に治りました。

ところが現代的なうつ病は症状が長期化しやすく、また新型うつという新しいリスクも生まれました

特に新型うつの方が改善に時間と労力を要します。

うつ病の原因に挙げられるストレス

改善を図るためにはとにかく原因を知る事が大事です。

どんな病気にも必ず発病する原因がありますので、専門家に相談する等して客観的な形で原因を知る対策が求められます。

新型うつ病の原因は十人十色ではありますが、原因として考えられるのがストレス環境です

プレッシャーが必要以上にかかる労働環境、あるいは家庭環境で日頃から生活を続けていると、個人のメンタルの防御力に関係なく、高確率で不眠症状が出現し、不眠がうつ症状の引き金を引きます

睡眠時間が毎日6時間以下になっている、ストレス解消の方法が見つからず毎日イライラしている、こういった微妙な要因が積み重なって、大きな心の問題へと発展していきます。

http://maca.mokuren.ne.jp/が参考になりました。